岐阜のただこし歯科クリニックの矯正歯科専用サイト マウスピース矯正(インビザライン)についてご紹介します。

大人の矯正 マウスピース矯正(インビザライン)

HOME>大人の矯正 マウスピース矯正(インビザライン)

米国のアラインテクノロジー社が開発した薄くて、透明感のあるマウスピース型の矯正装置で、世界で250万人の患者さんに使用されています。(2013年12月)
クリニックで型を取り、完成されてきたオーダーメイドのマウスピース型の矯正装置をご自宅で2週間に1度交換しながら歯を徐々に動かすので、通院間隔が少ないのが特徴です。
また透明であるため、見た目もほとんど気になりません。現在も当院の矯正担当スタッフの柴田が使用していますので、良かったら、見てみてください。

おそらくパッと見た目では、使っていることがわからないと思います。

目立たず、取り外しが可能

インビザラインのいくつかのメリットの中で、一番の良さは、自分自身でいつでも取り外すことが出来る取り外し式だという点です。食事、歯みがきなど生活にあわせて、取り外すことができるので、いままでの矯正装置のように日常生活での犠牲を少なく出来ます。また、装着していても周囲に気付かれにくいのです。以前当院の受付の馬場がインビザラインを使用していましたが、誰も気づきませんでした。インビザラインは、SmartTrackという厚さ0.5mmほどの透明なプラスティックシートを使用しています。SmartTrackは、従来のマウスピース矯正の素材よりも透明

度が高く、付けているのかどうか、外からはほとんどわからないと思います。
最新のCAD/CAMの技術を応用し、3Dプリンタからカスタムメイドされたマウスピースを、約1〜2週間ごとに交換し、歯を徐々にゆっくりと、スムーズに動かしていきます。見えない矯正治療、目立たない矯正器具、通院回数の少ない矯正治療をご希望される方には特におすすめの最新の矯正治療です。最近は、全国的にもかなり人気があり、インビザライン専門の歯科医院が、東京や大阪にもあるくらいなのです。

通院回数を少なく

インビザラインは今までのワイヤーと銀色のメタルブラケットを用いた矯正治療とは違い、厚さ0.5mmの薄いプラスティック製のマウスピースを使用して歯をスムーズに動かしていきます。事前にコンピューター上でシミュレーションした歯の動きに合わせ、歯を最短距離で動かせるように少しずつ形を変えたマウスピースを2週間ごとに使用していくことにより、徐々に理想的な位置へ歯を動かしていきます。患者さんの最初の歯型から、治療終了までのすべてのマウスピース型の矯正装置を一度に作製できます。そのため少ない来院回数で治療ができますので大変喜ばれています。

痛みや違和感が少ない

歯に力をかけて動かしていくため、新しいマウスピース型の矯 正装置を装着した際は、ある程度は違和感や痛みを感じることがあります。痛みの感覚は人それぞれですが、ワイヤーによる矯正治療を経験された方には、その違いが分かってもらえると思います。全く矯正治療の経験のない方にとっては、しめつけられるような感じ、たまにちょっとした痛みのようなものを感じ、不快に思う場合もありますが、多くの場合、2〜3日で慣れてきますので、ご安心ください。

インビザラインによる矯正治療で痛みが少ない理由として、1回のマウスピースで歯を動かす限界量が決められているため、過度に大きな力が歯に加わることがないことと、マウスピースで歯を覆っているので、移動中に上と下の歯が直接強く当たることがなく、咬んだときの歯の痛みをマウスピース型の矯 正装置が、やわらげる効果があります。また、マウスピース型で、とがったところがありませんので、今までの矯正治療のように、ブラケットやワイヤーが外れて、舌や頬に当たり、痛みがあることはありませんし、傷が出来ることもありません。

使用上の注意

食事の時はインビザラインを外すので、食事は以前と同じように楽しんでいただけます。しかし時には外すタイミングを失い、装着したまま食事をすることもあると思います。そのときは、食事のあとすぐにインビザラインを外し、しっかり洗浄し、ご自分の歯もしっかり歯磨きして綺麗な状態を維持してください。インビザラインをしたままの食事で歯の動きに問題が出たり、マウスピース型の矯正装置が壊れたりすることはありませんが、インビザラインが汚れやすくなったり、虫歯や歯周病の原因になったりすることもあります。
また、人によってはインビザラインを装着した最初の数日間は、違和感があり、舌足らずな発音になることがあります。しかし多くのの方がインビザラインをつけた当日から日常生活に支障のない会話ができますので、ご安心ください。

最新の高性能テクノロジーを用いた矯正装置

インビザラインは少しずつ変化させたマウスピース型の矯正装置を2週間ごとに口に装着し、歯を徐々にスムーズに動かしていきます。3Dデジタル化された歯型からCAD/CAM技術を利用して順次変化させたマウスピース型の矯正装置を作製する技術は世界でもアラインテクノロジー社(米国)しか行っておらず、マウスピースを使用する矯正治療の中でも最も評価が高いのです。

また、マウスピース型の矯正装置を作製するための治療シミュレーションはアライン社独自で開発したソフト「クリンチェック」を使用します。担当の矯正医とアラインテクノロジー社のプロ グラマーがクリンチェックを見ながら、インターネットで情報交換し、治療シミュレーションを作り上げていきます。矯正医が最終的に決定した治療シミュレーションをもとにカスタムメードされたすべてのステージのマウスピース型の矯正装置が製造されます。

インビザラインのメリット

痛みが少ない
ブラケットと呼ばれる矯正装置を使用しないため装置が粘膜や舌へあたる痛みや、それにより傷が出来て、口内炎が生じることはありません。新しいマウスピース型の矯正装置に交換した直後は一時圧迫されるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)がありますが、数分から数時間で消失することが多いです。
取り外しができて衛生的

マウスピース型の矯正装置はいつでも取り外し可能なので、食後の歯磨きやフロスも普段どおり行えます。今までのの矯正装置のようにいつもつけているような装置ではないので、プラークが沈着することがなく、矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。また、マウスピース型の矯正装置は歯ブラシで簡単 に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。

好きな食べ物が食べれ、我慢する必要はありません

食事の時は装置を外すことが可能なので、今までの矯正装置のような食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがありません。食事時にはマウスピース型の矯正装置は外しますので、矯正をはじめる前と同じ食生活が出来ます。

金属アレルギーの心配はありません
インビザラインはプラスティック製で金属は一切使わないため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーが心配の方でも安心して矯正治療が可能ですので ご安心ください。
透明で目立たず、しゃべりやすい

マウスピース型の矯正装置は、とても薄く透明なので、歯につけていても目立たないので、他の方にほとんど気づかれないのが大きな特長です。歯茎までの薄くなめらかな装置なのでしゃべりにくさや発音障害もあまりありません。そのため接客などの人と接する仕事をされている方にも安心して気軽に矯正を始めることができます。

tel:0574681180
  • 問い合わせ
  • 矯正歯科無料相談
日本矯正歯科学会認定医による矯正歯科無料相談
  • 医療費控除
  • 歯科助手 柴田の矯正歯科体験日記
  • カウンセラー 岩井の矯正歯科体験日記
  • 技工士 井口の矯正歯科体験日記
  • 技工士 長谷川の矯正歯科体験日記
保育士常駐キッズルーム
各種クレジットカードがご利用可能です
スルガ銀行デンタルローン
tel:0574681180
メール相談
歯の豆知識
通院される患者様が多い地域

岐阜県、可児市、多治見市、土岐市、御嵩町、八百津町、瑞浪、美濃加茂市

ページの先頭へ戻る
ただこし歯科クリニック

〒505-0123 岐阜県可児郡御嵩町古屋敷172-1
TEL:0574-68-1180 FAX:0574-68-1181

診療時間

土曜日は18:00まで

休診日/日曜日

tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
  • 矯正治療費
  • 治療の流れ