岐阜のただこし歯科クリニックの矯正歯科専用サイト 子どもの矯正についてご紹介します。

子どもの矯正

HOME>子どもの矯正

子どもの時に、綺麗な歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から定期的に矯正医により診てもらって、適切な時期に矯正により綺麗な歯並びにすることにとても大きな価値があります。

あごの成長が途中の子どものころに、矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールしながら、綺麗な歯並びに持っていくことが可能になり、また抜歯する可能性がかなり低くなるなどの長所があります。
逆にあごが成長する子供の頃に、悪い歯並びや指しゃぶりなどの悪習癖を放っておくと、あごの発育が正常に行われず、全体のバランスが悪くなり、顔や顎の形などに影響が出ることがあります。
上のあごうより下のあごが前に出てくることによって起こる受け口は、乳歯がまだ残っている早い時期から治療されると効果が大きいです。

早い子供の時期に矯正治療を始めると、あごの成長を適切に誘導しながら上下、全体のバランスを取って、矯正治療を進めていくことができるので、永久歯が生えるときにバランスのいい正しい噛み合わせに持っていくことが出来る可能性が高くなります。

矯正治療はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?

お子さんの歯並びが悪い場合に、矯正治療をしたほうがいいと以前健診で言われたけど、矯正治療はいつぐらいから始めたらいいのだろうと悩まれることをよく聞きますが、おおよその目安となる最適な年齢は6、7歳くらいが多いかと思います。
歯並びをよくして矯正治療することそのものは何歳からでもできますが、出来るだけ歯を抜かずに、顎の成長に合わせて矯正治療をしようとするのであれば、6、7歳がベストと思います。
歯がデコボコ(八重歯)の場合は大人になってからでも十分矯正歯科治療できますが、どうしても抜歯が伴うことが多い。上下の顎の関係が悪い(出っ歯や受け口など)ような不正咬合では、顎の骨が成長している時期から矯正治療したほうが、良好な結果になることが多いです。大人になってからだと外科の手術を伴う外科矯正が必要なことが多いのです。

治療時期の正確な判断は矯正歯科専門医でないと分からないことが多いため、早めに相談だけでもしておくことが大切です。いろいろなことを考慮すると、6、7歳頃と早いうちから始めることが適切なことが多いです

子供の矯正治療は、
小児矯正(Ⅰ期治療)と本格矯正(成人矯正、Ⅱ期治療)に分かれます。

小児矯正
約6歳~小学校低学年
乳歯と永久歯が混在して生えている混合歯列期、いわゆる大人の歯に生え変わる時期の矯正です。
約6歳~小学校低学年が目安です。上下や左右、そして全体の顎の骨のバランスや大きさを整えて、あごを横方向に拡大することによって、永久歯がきちんと生えるスペースを確保することが目的の治療で、取り外し式が一般的です。早めに対応することで、本格矯正(Ⅱ期治療・永久歯での矯正期間)が短縮でき、後戻りも少なくなる等、メリットも多くあり、子ども本人の負担も軽く済み、安心です。
本格矯正
小学校高学年以降
小学校高学年以降で、永久歯がある程度、生えそろった歯並びになってからの子ども以降が対象です。永久歯が生えそろい、顎の成長が終わってからブラケットと呼ばれる、大人の矯正と同じような感じで、綺麗に並べて、整えてかみ合わせも良くしていきます。
  • 子供矯正のメリット・デメリット
  • 口腔筋機能療法MFT
tel:0574681180
  • 問い合わせ
  • 矯正歯科無料相談
日本矯正歯科学会認定医による矯正歯科無料相談
  • 医療費控除
  • 歯科助手 柴田の矯正歯科体験日記
  • カウンセラー 岩井の矯正歯科体験日記
  • 技工士 井口の矯正歯科体験日記
  • 技工士 長谷川の矯正歯科体験日記
保育士常駐キッズルーム
各種クレジットカードがご利用可能です
スルガ銀行デンタルローン
tel:0574681180
メール相談
歯の豆知識
通院される患者様が多い地域

岐阜県、可児市、多治見市、土岐市、御嵩町、八百津町、瑞浪、美濃加茂市

ページの先頭へ戻る
ただこし歯科クリニック

〒505-0123 岐阜県可児郡御嵩町古屋敷172-1
TEL:0574-68-1180 FAX:0574-68-1181

診療時間

土曜日は18:00まで

休診日/日曜日

tel:0574681180
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • インプラント無料カウンセリング
  • 矯正治療費
  • 治療の流れ