矯正治療費

矯正治療費

初診相談 無料
ワイヤー矯正 990,000円 精密検査・毎回の調整料・リテーナーの2年間分込み
マウスピース矯正
(見えない矯正)
890,000円 精密検査・毎回の調整料・リテーナーの2年間分込み
裏側矯正 1,300,000円 精密検査・毎回の調整料・リテーナーの2年間分込み
マウスピース部分矯正
(見えないプチ矯正)
400,000円 精密検査・毎回の調整料込み・インビザラインiGOを使用
矯正治療のための抜歯 5,000円/1歯 矯正治療のみを目的とする抜歯は、保険適応外のため自費となります
  • ※料金は全て税別です
  • ※保定期間2年以降は、調整料が別途4,000円(税別)かかります。

当院のマウスピース矯正の
値段について

当院では治療開始期間に必要となる費用を事前にお支払いいただける、トータルフィー制度を採用しております。他の医院では相場より一見価格が安そうでも、検査料や調整代、治療後のリテーナー(保定装置)代が含まれていないことも多いです。
しかし当院であればそれらがすべて含まれておりますので、一連の治療の中で追加費用の発生はございません。ですから、ご来院ごとの追加費用は発生しません。毎度の費用を心配することなく通っていただけますし、安心して治療に専念していただけます。
※治療プランの変更などにおいては、費用が変更となる場合がありますのでご了承くださいませ。

安いマウスピース矯正は
どうなの?

マウスピース矯正は従来の金属のワイヤーを使った矯正と違い、患者さんにも歯科医師にもお互い大きな手間が掛からない治療となりました。費用も低く抑えられますし、メリットはたくさんあります。しかしその現状に甘えて、安い値段で何となくマウスピース矯正を提供するクリニックが最近は増えています。見た目的な意味では、歯並びをある程度のところまで揃えることはどんな歯科医師でも難しくありません。

しかし本当に大切なポイントは見た目の良さではなく、噛み合わせがしっかりできているか?ということです。そこまで考えて技術を研鑽しているクリニックは、果たしてどれくらいあるのでしょうか。意外かも知れませんが、当院から患者さんへ矯正をお勧めする際の一番の理由は、この噛み合わせが悪い場合です。それは何故かと言いますと、噛み合わせの良し悪しで将来ご自身の歯が何本残せるかが決まってしまうからです。悪い噛み合わせによって歯が受ける負担(力)というのは、実は虫歯や歯周病に匹敵するほど歯に悪影響を及ぼしています。正直、若い方や中年の方であれば現状その影響はほとんど感じないでしょう。しかし年を重ねた途端、その積み重ねが雪崩のように押し寄せてきて一気に歯を失うことになってしまうのです。特に歯ぎしりなどの習癖のある方は更に負担も大きくなるので、元々脆くなっている神経のない歯の場合は早めに割れて失われてしまいます。

当院が提供するのは、患者さんの数十年後を本当に考えた矯正治療です。専門知識や治療経験が豊富な認定医が治療計画を立てていきます。マウスピース矯正の出現により、多くの方が気軽に矯正治療を始められるようになったことはとても良いこと思っております。しかしそれは、私たちの考える噛み合わせまで考えた矯正治療であればという場合です。歯並びが良くなり見た目に自信が出ることも大切ですが、本来の矯正治療がもたらすメリットはそれだけではないのです。また、後戻りのリスクを軽減するためのリテーナー(保定装置)もしっかりとご用意させていただきます。

恐らくあなたも、美容的な意味でマウスピース矯正をご検討され値段の比較をしているのではないのでしょうか。そうであれば、矯正治療の本当の価値についてご理解いただいた上で、施術されるクリニックを選択していただきたいと思います。お化粧よりも素肌が美しいことを誰もが望むように、見た目だけではない健康美を手に入れていただくこと。それにより、ずっとご自身の歯で美味しくものが食べられる幸せ。当院の矯正治療は、そういったメリットをご提供するものと考えております。

お支払い方法について

各種クレジットカードがご利用可能です。
(自費診療のみ)
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
デンタルローンによる分割払いに
対応しております
当院では「株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)」と提携を結び、インプラント治療・矯正治療などの保険外治療費を
Webからのお申込手続きだけでご利用いただける分割支払い制度「Webデンタルクレジット」を導入しております。
ご希望する治療内容の料金について、お支払い方法についてお悩みの方もお気軽にご相談ください。患者さんの早期治療をサポートします。
  • 目立ちにくいマウスピース型矯正で あなたの笑顔を輝かせる!
  • 気になるところだけをプチ矯正!

医療費控除が適応できます

矯正治療は健康保険適応外となりますので、一般的な保険診療に比べ費用負担が大きくなります。そんな時の手助けになるのが医療費控除です。1年間分の治療費用が対象になるため、治療期間が長くなる矯正治療にはうってつけです。
医療費控除とは、自分自身や生計をともにする家族のために医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことです。歯の自由診療は高価な材料を使用することが多く、治療代も高額になる場合があるので医療費控除の対象となります。もちろん、同じ期間内で保険治療(虫歯治療など)を受けて支払った自己負担の部分についても還付の対象となります。毎年1月1日〜12月31日にお支払いされた総額分を翌年3月15日までに確定申告をすると医療費控除が適用され、税金が還付されます。歯医者以外の診療所等でお支払いされた医療費も、合わせてご申告ください。
医療費控除の対象となる還付金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円※ ※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

医療費控除額(最高200万円)
=( 支払った医療費の額保険金などで補てんされた額 ) ー 10万円

※ 所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

例)課税所得金額が500万円の人の場合、扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、医療費控除額=90万円10万円80万円×税率30%24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円ー24万円=66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000 210,000
195万円超~330万円以下 20% 80,000 120,000 160,000 200,000 240,000 280,000
330万円超~695万円以下 30% 120,000 180,000 240,000 300,000 360,000 420,000
695万円超~900万円以下 33% 132,000 198,000 264,000 330,000 396,000 462,000
900万円超~1800万円以下 43% 172,000 258,000 344,000 430,000 516,000 602,000
1800万円超~ 50% 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000

*

※タップで拡大

医療費控除を受けるお手続きについては、お住まいの住所を管轄する税務署にて行っていただくようお願いします。そちらに医療費控除に関する事項を記載した、確定申告書を提出して還付申告をください。
その際、医療費を支出したことを証明する領収証や、治療目的の通院のために掛かった交通費などについて確定申告書に添付されるか、提示していただく必要があります。
申告方法について具体的にご不明な点は、誠に恐れ入りますがお住まいの住所を管轄する税務署に直接お問い合わせいただくようお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る