矯正治療をした方が良い本当の理由

おとなの場合

矯正歯科に興味があり来院される人の多くは自分の歯並びが悪いことを気にされ歯並びをきれいにすることを目的とされます。 矯正歯科に興味があり来院される人の多くは自分の歯並びが悪いことを気にされ歯並びをきれいにすることを目的とされます。

では、歯並びを綺麗にする矯正治療には
どれほどの価値(メリット)があるのでしょうか?

*

多くの方はまず、
見た目を気にします。

歯並びが悪いことに対して、以前より気にされ、コンプレックスにされている方も多いのです。

実際に、当院で
矯正治療を
していたスタッフでさえ、
ずっとずっと中学生の頃から
自分の
歯並びの悪さを
気にしていたとのことでした。

当時は、なかなか親にも言えずに一人で抱え込んでいたとのことです。
その子はいつも明るい子だったので、僕はデコボコの歯並びでも、それほど気にしているとは思っていなかったため驚きでした。人前で笑うことにずっと抵抗があったとのことなのです。
つい笑う時に手で口元をさりげなく隠してしまう。そんな癖があったのはそんな理由からだそうです。そのため、矯正治療を当院のスタッフの中で初めて体験してもらう機会をもうけた際に、真っ先に手をあげたのはその子でした。
今ではマウスピース矯正によって、きれいな歯並びとなり、笑顔が一段と輝いています。

僕が歯に対する悩みを聞いたのは、歯並びがキレイになってからだったのです。
今ではたまに自分の体験談を、笑顔で話している姿を見かけます。

  • *
  • 矯正は心身に良い影響を与えてくれます!
コンプレックスをなくしてより輝く笑顔に!

その子を始めとして、それから多くのスタッフが矯正治療を行いました。
見てすぐわかるほどの悪い歯並びの子だけでなく、歯科医師である自分から見てもそれほど歯並びが悪いと感じていなかった子まで…。
みんなずっとコンプレックスを抱えていたんです。家族にも言えずに…。

それが矯正により綺麗な歯並びとなることで、そのようなコンプレックスがなくなり、「以前より明るく笑顔でいられるようになった」「性格、考え方も前向きでいられるようになった」と聞いたときは、そんなに大きな影響があったんだとあらためて感じました。

性格、考え方も前向きに!

よく見た目より中身が大事と言われますが、見た目が変わることで、
性格やその後の人生まで変わることがあるんだと考えると、見た目も内面と同じように大切なんだと実感します。


またそのほかにも次のような効果が…。

  • 正しく噛んで
    食べれるようになる

    歯並びを綺麗にすると、歯の噛み合わせが良くなることで、食べ物を「噛み切る」「噛む」能力が増します。食べ物を正しく噛むことにより効率的に噛むことができ、以前より食事を楽しめるようになります。またよく噛むことで脳にもいい刺激となり、集中力が増したり、健康維持にも有効です。

    よく噛んで食べる 脳に良い刺激 集中力アップ 健康に良い
  • 顔立ちが整う

    歯並びが乱れていると顔の左右のバランスが崩れて非対称になってしまったりします。またものがよく噛めないことから、噛みやすい方の歯ばかり使うことで、使う方の筋肉が発達して、左右の見た目が違ってしまうこともあります。歯並びを正常に戻すと、顔の輪郭の左右のずれも徐々に適正な状態に戻り、以前と比較すると整った顔立ちに変わります。ちなみに当院の矯正担当スタッフも、矯正により少し細くなった気がします。

    smile
  • 虫歯になりにくくなる

    歯並びが悪いと食べ物が歯と歯の間に挟まりやすく、へこんだ隙間などの歯磨きもしにくいため、口の中に食べかすが残って、虫歯になりやすくなります。歯列矯正の治療で歯並びが良くなると、ブラッシングも効率的に綺麗にすることができ、虫歯の予防に効果的です。

    隙間を清掃しにくい 歯列が整うと 効率よく清掃できる
  • 歯周病になりにくい

    歯周病は、歯並びが悪いと汚れがたまりやすくなってしまうため、歯周病になりやすくなります。綺麗な歯並びの方が効率的に簡単に綺麗にできやすくなります。

    歯石が歯ぐきにもたまり腫れる 歯列が整うと 清掃が行え歯周ポケットも健康に
以上のようないろいろなメリットがあるのですが、矯正の本当の価値とは、歯が長持ちするようになることだと思います。 以上のようないろいろなメリットがあるのですが、矯正の本当の価値とは、歯が長持ちするようになることだと思います。
*
知っていますか? 歯を失う大きな原因
  • 歯周病
  • むし歯
  • かみ合わせ
  • 歯ぎしり

歯を失う大きな原因は「歯周病、虫歯、かみ合わせ・歯ぎしり」です。
歯並びが良くなると清掃性が良くなり「歯周病、虫歯」にもなりにくくなります。
しかし、歯周病、虫歯以外の「かみ合わせ、食いしばり、歯ぎしり」などの悪習癖が特に厄介なのです。

最近では、かみ合わせが悪い方は特にですが、食いしばり、歯ぎしり、TCH(早期接触癖)などの悪習癖により、歯を失うこととなってしまうことが多くあり、歯周病と並ぶ原因として歯ぎしり、食いしばりなどの悪い癖が、歯を失う原因であることとして問題視されています。悪いかみ合わせだと強く当たるところと弱くしか当たらないところが出てきます。バランスよく噛めないのです。

  • *
  • *

きちんとしたかみ合わせで、バランスよく咬合
させることにより、
歯が長持ちするようになります。

よく言われるのが、8020という言葉です。
80歳で20本の歯を残そうと言われるものですが、80歳で20本残っている方のほとんどが、良いかみ合わせをしていると言われています。逆に言えば、悪い歯並びだと歯が残らないということですよね。
歯を失えば失うほど、老化が加速度的に進むと言われています。多くの方がずっと健康でと願っていると思っていると思いますが、歯を失っていき、食事もしにくくなると食事量が減ってしまいます。そうなると体に必要な栄養も取りにくくなってしまうのです。
また、歯を失うほど、痴呆になりやすくなるともいわれています。きちんと食事をして健康を保つには、歯を大切にすることがとても大事なのです。

たくさんの歯を残すことが、健康につながる! 80歳で20本の歯を保とう!
かみ合わせは悪いけど…今は、何も困っていない! やがて… どんどん歯を失い老化が加速度的に進むことも 食事がしにくい 痴呆

若いうちは、歯並びが悪くて、かみ合わせが悪くても、食事において特に気にされることは少ないのではないでしょうか。
そのため、ちきんとしたかみ合わせの必要性を、なかなか分かってもらいにくいのではないかと思います。

ただ、将来、歯を失って初めて困ることになる方は多くいらっしゃいます。
そうなってから後悔する…。そのような方々に今までたくさんお会いしてきました。
インプラント治療をすればいいのではと安易に考えられる方もいらっしゃいますが、骨が必要以上になくなってしまうとインプラント治療もできなくなります。インプラントでさえも、天然歯にはかないません。天然の歯を長持ちさせることこそ最も価値があるのです。

かみ合わせが悪いかな? よくむし歯ができるところがある… 不安に思うことはお気軽にご相談ください!

だからこそそうなる前に、健康なうちに、悪いかみ合わせを治し、歯周病予防をきちんと行うことによって、歯を出来る限り最後まで健康な状態で長持ちさせることがとても大切なことなんです。

例えば、開咬という奥歯しか噛んでいない状態では、当然奥歯だけに負担が掛かり、まず最初は一番奥から、順に手前の歯が無くなっていきます。それによって、長期的にみると、多くの奥歯を失ってしまい、かみ合わせが崩壊していき、きちんと食事をすることが困難となってしまうのです。

そんな望まない結果を避け、きちんと自分の歯を大切にしたいと思われるのであれば、矯正治療によってバランスの良い適切なかみ合わせに持っていくことが、自分の歯を長持ちさせること繋がります。

ずっと健康でいられること、
これ以上に価値があることって
他にはないのではないのかな
と思います。
だからこそ、ご自身の将来を
大切にしてもらいたいのです。
  • 目立ちにくいマウスピース型矯正で あなたの笑顔を輝かせる!
  • 気になるところだけをプチ矯正!
ページの先頭へ戻る