こんな歯並びは要注意:切端咬合(せったんこうごう)

歯並び

切端咬合

切端咬合(せったんこうごう)

切端咬合(せったんこうごう)とは、下顎が前に出てしまい、本来は上の前歯が下の前歯の前にあるはずが、上下の前歯の先端がちょうど当たる状態のかみ合わせを言います。受け口や反対咬合などといった症例と似ていますが、反対咬合(受け口)は下顎が切端咬合のかみ合わせより前に来た場合を言います。
切端咬合の治療方法として前歯だけよりも噛み合わせを全体的に改善する治療法が望ましいケースが多いです。治療時期としては、顎の成長期に矯正治療を行うことが最も望ましいと言われます。

切端咬合の原因とは

  • 原因その1

    骨格的な原因の場合
    下顎と上顎の発達のバランスが異なることで起こります。下顎だけが発達してしまうか、上顎の発達が良好でない場合に、切端咬合や受け口や反対咬合と呼ばれる状態となって現れることが多いです。成長期に正しく顎が発達していないか、遺伝的な要因も一部考えられます。
  • 原因その2

    *

    前歯の並び方が原因の場合
    例えば骨格のバランスが良くても、歯そのものが生えてきている場所や方向によっては、部分的に切端咬合になってしまう場合もあります。歯並びがガタガタしている叢生となっている中で、そのような部分ができてしまいます。本当に一部分だけであれば、骨格が原因の症例と違い比較的早く治すことができます。
  • 原因その3

    悪い癖が原因の場合
    子どものうちに行うお口の周りの悪い癖(口呼吸、舌低位、悪い飲み込みなど)が原因で、下顎前突(受け口)が誘発されることで切端咬合となることが多くあります。口呼吸しているとどうしても舌が低位になってしまいます。本来、舌は上顎の裏側の口蓋にあると舌が上顎骨を前方にも拡大させるため、正常なかみ合わせになるのですが、口呼吸しているとどうしても舌が低位になってしまいます。そして上顎が正常に成長しなくなってしまうのです。
    また下の前歯の裏側を下がった位置の舌で押し続けることで下顎全体が前に押しだされて切端咬合や受け口(反対咬合)となります。
    当院では、このようなお子さんのお口の悪習癖を改善して、正しい顎の発達と奇麗な歯並びを達成する治療(マイオブレース矯正治療)を行っております。

切端咬合を放置した場合の将来的な弊害は?

前歯が欠けたり割れたりする

噛み合わせた際に前歯へ掛かる負担が大きくなるため、将来的に欠けてしまったりするリスクが大きくなります。また、最悪の場合割れてしまうと歯を残すことが難しくなってしまい、抜歯してしまう必要が出てきます。そうなると抜けた歯の代わりに人工歯(補綴物)を入れる治療が必要となります。見た目が気になる箇所ですので、入れ歯よりもインプラント治療の方が優れていますが、ご自身の歯が残せるのであればそれがベストです。

噛む能力の低下・顎関節症のリスク

そもそも奥歯(臼歯)の噛み合わせが悪いので、しっかり噛めているとは言えない状況となっています。そのため消化が悪くなります。また、噛み合っていないものを無理に噛み合わせることで顎にも負担が掛かってしまい、顎関節症などを引き起こすリスクが高くなってしまいます。見た目には分からないところですが、切端咬合を治療する本当の価値というのはここにあるとも言えます。

成長期が終わると治しにくい場合も

*

骨格性の切端咬合の治療は、乳歯列期の年齢(5歳くらい)から治療を開始すると上手くいく傾向にあります。逆に永久歯が生えそろってしまってからだと、顎の成長期は終わってしまっているので、切端咬合の子どもの矯正治療は難しくなってしまいます。成長期に、歯が並ぶ土台である顎がどのように発達するかはとても重要なのです。
例えば、歯を並べるスペースが作れないまま成長期を終えると、矯正治療について抜歯治療が必要となるケースが多くなります。また、切端咬合の原因が反対咬合(受け口)になってしまっている場合、成人であれば外科矯正治療となることが一般的です。この外科的矯正治療とは、一般的な矯正歯科専門クリニックでは行われていません。口腔外科がある病院などで、外科手術(骨切術)などにより、顎を切り、後方や前方に動かして噛み合わせを調整するものです。
尚、切端咬合となってしまったのが骨格的な原因で、顎変形症や顎関節症など病名が診断された場合は、健康保険適応となります。ここが美容外科とは違うところです。保険治療ですので治療費の負担は軽くなりますが、入院やオペのリクスその後の経過などを考えるとやはり大変なことです。
そのため骨格性の切端咬合は乳歯列期や永久歯が生え揃う前の混合歯列期の子供のあごの成長期間に合わせて、事前に歯列矯正治療をしておくことがとても大きな価値があると言えます。

切端咬合はこのような装置を使って治療します

  • マイオブレース矯正治療

    歯並びを悪くする原因から治していく矯正治療です。顎の成長期である5歳から始めることが出来ます。
    悪い癖である口呼吸、舌低位、悪い飲み込み方を改善させ、顎を正常に発育させていくだけでなく、子供たちを健康に導く治療方法であります。顎の成長期にしか行うことができなく、成長期が終わってしまっている場合は、このマイオブレース矯正治療は出来ませんので、その場合は大人と同じ矯正治療が必要となります。

  • 拡大床

    主に成長期の間だけに使用される装置です。特に上顎の奥歯の歯列を横方向に広げることによって、歯並びのスペースを確保することが出来るようになります。取り外しが可能ですが、一日のうち一定時間は、必ず取り付ける必要があります。

  • マウスピース型矯正装置

    透明で目立ちにくいマウスピース型の矯正装置を使用した、インビザライン矯正という治療法もあります。全世界700万人以上が受診する信頼性の高い矯正システムです。
    原因や程度によっては、成人の切端咬合でも対応できる可能性があります。使い方は一日のうちで一定時間、この装置を付けておくだけです。しかも、取り外しが可能なので、お食事や歯磨きなどはこれまで通りの方法で行うことができます。見た目にも感覚的にもストレスが少なく、また、切端咬合の原因が前歯の一部分だけであり、軽度なものであれば、より短期間で費用も抑えられる部分矯正治療で治る可能性もあります。

切端咬合に関するよくある質問

何歳くらいから矯正治療を始めたら良いのですか?
切端咬合の治療は、大体5歳からの開始することが可能です。少し早く感じるかもしれませんが、成長期に合わせて行うことが何よりも効果的です。
この期間に、あごの発育が矯正装置や治療によって正常に行われるようサポートしていくが重要なのです。
当院では、成長期のお口の発達を助け、歯並びだけでなく全身の健康を促進するマイオブレース矯正治療を行っております。どんな治療なのか、どんなメリットがあるのか? 矯正無料相談を実施しておりますので、お気軽にお問合せ下さいませ。
切端咬合の矯正治療は見た目以外にも利点はありますか?
切端咬合の場合、前歯だけが噛み合って奥歯がしっかり噛めていないため、食べ物が噛みやすくなるというのが一番のメリットです。しかしそれ以上に長い目で見ると、噛み合わせが悪いことで過度な負担を受けていた歯が、治療により噛み合わせが改善されることで長持ちするようになることです。
切端咬合が見られる場合、下顎前突や反対咬合といった歯列不正と連動しているケースも多いです。顎全体の噛み合わせを改善してこそ、矯正治療は最大の効果を発揮するとも言えるでしょう。
今のご自身の歯並びや状態、改善方法をお知りになりたい方のため、当院では無料の矯正相談を実施しております。治療費用や治療期間についてはもちろん、全てが永久歯の場合は、3Dスキャナーによる歯並び改善のシミュレーションを見ることが可能です。少しでも歯並びで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。
ページの先頭へ戻る