こんな歯並びは要注意:開咬

歯並び

前歯が咬んでなく、隙間が
ある状態=
開口(かいこう)

開口(かいこう)

開咬(かいこう)とは、奥歯はしっかり噛んでいるのに、上下の前歯が噛まずに隙間がある状態のことを言います。

開咬の原因とは

  • 原因その1

    *

    指しゃぶりの癖が5、6歳になっても取れなかった場合
    子供の頃の指しゃぶりなどの悪習癖と呼ばれる癖が原因で、歯がそれぞれの方向に動いて開いて、上下の前歯と前歯の間に隙間が出来てしまうことを開咬と言い、このまま続くと、奥歯のみで、噛むことになり、奥歯の負担が大きくなり、将来的に奥歯から歯を失うことに繋がってしまいます。出来ればバランスよく噛める状態にもっていくことが、歯を長持ちさせることに繋がります。
  • 原因その2

    上下の前歯と前歯の間に隙間がある場合
    上下の前歯の間に隙間があると、無意識のうちに自然とその隙間が気になってしまい、舌で触ったり、押してしまう癖があることがあります。舌で前歯の内側から日々押してしまうと、徐々に時間をかけてですが、歯が表側に開いていき、結果、隙間が大きくなり開咬になります。
  • 原因その1

    *

    家族からの遺伝的な要因
    開咬の原因の大きな原因のひとつとして、顎の形態も関わってきます。あごの骨が前下方に成長していくと、どうしても前歯同士が咬まなくなり開口になりやすいのです。このような遺伝が要因の骨格性の場合は、家族の方も開口である場合が多く見られます。

開咬を放置した場合の将来的な弊害は?

口が閉じられないことによるドライマウス

口が開いたような状態が続きますと、口が乾燥した状態いわゆるドライマウスになり、唾液の分泌量が低下してしまいます。
唾液の緩衝能(食べ物などにより口の中が酸性やアルカリ性に傾いても中和する性能)、抗菌作用が少なくなることから、細菌が増殖し、歯周病が進行し、結果として口臭発生の原因になります。

噛む機能の低下や顎関節症の原因になることもあります

*

前歯でものを噛むことが出来なくなるため、食事をする時に奥歯でのみ噛むため、奥歯に無理な力がかかるようになり、開咬の方は奥歯から順に歯を失っていくことが多いのです。
そのため、歯を大切に長持ちさせたいと考えるなら、歯並びを綺麗に並べて、きちんとしたかみ合わせにすることによって、バランスのいい状態にし、歯を長持ちさせていくことが大きな価値となって来ます。また顎の関節に負担が生じやすく、顎関節症を併発することもあります。

発音障害

どうしても前歯が開いてしまっているため、発音に影響が出やすく、舌っ足らずなしゃべり方になってしまうことがよくあります。

開咬に関するよくある質問

子どもの指しゃぶりの癖が、もうすぐ小学生になるのに、なかなか治りません・・・
前歯の乳歯が大人の永久歯に生え変わるまえに指しゃぶりを止められるかが大きく大事なポイントとなります。また乳歯列期に開咬だとしても、永久歯に生え変わる段階で自然に治っていく場合もありますが、出来れば指しゃぶりは3歳くらいまでにしないように治しておくといいと思います。
開咬の治療は難しいと聞きますが、実際どうなのでしょうか?
痛みもあったりするのでしょうか?
子供の頃に、顎の成長をコントロールしながら行うと、さほど問題なく綺麗に矯正治療が出来ると思います。しかし、大人になってから、矯正治療を行おうとすると、外科矯正が必要な場合も多いので、外科矯正が必要な場合は難しくなります。
痛みに関しては、一般的な矯正と同じで、痛みには個人差がありますが、特に開咬だからといったことはありませんのでご安心ください。どうしようか迷われている方、不安に思われている方、説明を詳しく聞きたい方は、無料の矯正相談を行っておりますのでお気軽にご相談下さい。
ページの先頭へ戻る