大人の矯正 裏側矯正

裏側矯正 見えない矯正 他人に見えない より小さな矯正装置 虫歯になりにくい
見えない矯正について
矯正治療というと、「矯正装置が目立つ」「矯正装置の見た目が悪い」と思われる方が多いと思いますが、そのデメリットを解消するのが「見えない矯正」で舌側矯正と呼ばれている治療法です。見えない矯正とは、普通は歯の表側にブラケットと呼ばれる矯正装置を取りつけるのを、歯の裏側に取りつけるブラケットを取り付けワイヤーで治していく矯正治療の方法のことです
ただし、今までのこの方法には、「人と会話しづらい(活舌が悪くなる)」「歯磨きがしづらい」などのデメリットがありました。そこで登場したのがサイズがより小さな矯正装置です。
この小さくなった矯正装置を使用することで、舌に矯正装置が当たる不快感、痛みがかなり減り、他の人に気づかれずに、自然な感じで、矯正治療をすることが出来るようになりま した。

見えない矯正のメリット

  • 矯正していることを他の人に気付かれない
    *

    歯の上下舌側(裏側)に矯正装置が付くため、外見上、矯正装置が見えないので、誰にも気づかれることなく、特に人と接する仕事である接客業や営業職の方など、仕事柄歯並びを整えたくても、矯正装置の見た目が気になり、中々治療に前向きになり切れなかった方に特におすすめの治療方法です。

  • 虫歯になりにくい
    *

    矯正装置を装着すると、どうしても歯磨きがしにくくなります。しかし裏側でスト歯磨きはしにくいのですが、歯の表側よりも唾液により洗浄されるために、プラークや汚れが付着ししにくいというメリットがあります。そのため、表側に矯正装置を装着するよりも虫歯になりにくくなるのです。それでも 磨き残しが出てしまうこともあるので、かかりつけの歯科医院で定期的な歯科医師によるチェックや歯科衛生士によるメンテナンスは必要となります

見えない矯正のデメリット

  • 慣れるまで発音がしにくい

    矯正装置を歯の裏側に装着すると、経験者に聞くと最初は矯正装置により違和感が出て、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉が少し言いにくくなるという場合もあり、慣れるまで多少時間がかかることもあると聞きます。また食事の時などに、前歯、奥歯の裏側の器具が舌に当たり傷が出来、口内炎になり痛みが出ることもあります。なお、当院で使用している装置は従来のものよりも小さく、慣れるまでの期間も比較的短くなります。

  • 費用が割高になる

    費用が表側の治療と比べて、どうしても材料代、他の手間がかかるために、費用は少し割高になります。ただし上記のメリットを考えれば、十分検討する価値のある治療といえると思います。

  • 時間がかかる

    また専門医が行うものの、表につける矯正より、技術が必要であったり、綺麗に並べるための治療期間が、少し多くかかります。

ページの先頭へ戻る