こんな歯並びは要注意:交叉咬合

歯並び

顎がずれて上下の歯の噛み合わせが
正常な場合とは
反対になっている状態
=交叉咬合(こうさこうごう)

開口(かいこう)

交叉咬合とは、顎がずれて上下の歯のかみ合わせが正常な場合とは反対になっている状態をいいます。
成長期に下の顎がずれている場合、正常な顎骨の成長を阻害し、いま以上にその状態が悪くなる可能性があります。そのため、かみ合わせのズレだけでなく、顎骨の変形(顎変形症)を引き起こし、顔の歪みを生じる可能性がありますので、できる限り早期の矯正治療が好ましいです。
また、上下顎歯列が悪いと噛み合わせも悪くなります。そうなると奥歯(臼歯)へ掛かる力の負担が本来よりも大きくなるため、将来的に歯を長持ちさせることが難しくなります。前歯の歯列だけが綺麗だと気付くことが遅れがちな症例ですが、将来歯を失わないためには歯周病と同じくらい対策が必要なものなのです。

交叉咬合の原因とは

  • 原因その1

    上下の顎にずれがあると咬み合わせが悪くなり、交叉咬合を招く原因となることがあります
    指しゃぶり、舌癖、ほおずえ、爪を噛むなどの悪い癖。
    ほおづえは顎に偏った負荷をかけるため、かみ合わせのバランスを悪くし、顎の成長に悪影響を与えます。
    顎が変形してしまうと、外科矯正が必要なケースも出てきます。また、口呼吸や舌癖なども舌の定位置を乱し、顎の変形、ひずみを招く原因になります。

交叉咬合をほっといた場合の将来的なデメリットは?

歯並びが悪いために噛みにくくなる

顔が曲がって歪んでしまう

上下のあごの骨がうまく成長しない

顎関節症の原因になりやすい

肩こり、頭痛が起こりやすい

大人になってから治そうと思ったら外科手術を伴う矯正治療が必要になってくる場合がある

交叉咬合に関するよくある質問

交叉咬合の場合は、いつから治療を開始したらいいのですか?
5歳以下の場合は、悪習癖がある場合が多く、この悪い癖をなくすように指導していきます。
6歳からのいわゆる、乳歯と永久歯が混在している場合は、顎の成長に合わせて、コントロールしながら、歯並びと上下のあごの関係を治していきます。この時期であれば、抜歯矯正となる可能性も低いことと、顎の成長をコントロール出来るため、最も歯並びのきれいないい状態に持っていける最適な時期です。まずは悪習癖を治す必要がある場合も多いので、早めに矯正歯科治療を始められるほうが好ましいです。
交叉咬合は、治療が難しいと聞いたのですがどうなのでしょうか?
いくつもある不正咬合の中でも、難しい場合が多いとは思います。
しかし成長期の子どもの期間であれば、顎の成長に合わせて出来るため、問題なく出来ることが多いです。
大人になってからの場合は、歯並びだけでの問題であれば矯正装置で治すことができる場合もありますが、骨格性の場合は外科手術を伴う矯正治療が必要となりますので、リスクも上がり難しくなります。そのため交叉咬合と分かった場合は、出来るだけ早期の歯科矯正治療が好ましいのです。
指しゃぶりなどが中々治らないのですが矯正治療できますか?
矯正専門医と矯正担当衛生士が治療法をきちんと説明し、指導していきますのでご安心ください。
しかしどうしても、家庭での親御さんの協力が大切になってくる治療方法のため、指導したことを実践して、きちんと取り組んでいただく必要があります。
ページの先頭へ戻る